ストレスはスッキリすべて書いて健康的に発散しよう!

この世の中どうしてもストレスが溜まってしまうものです。

これを発散して溜めなければいいんですが、発散というのは大概誰かに聞いてもらってという形になりますよね。

でも正直その聞く側って最悪ですよねー!

そのストレスの塊の愚痴だけでせっかくのディナーも美味しくないし、つまらない!

それに発散した本人はもその時はスッキリできますが、後々聞いてくれた相手に申し訳なくなるもんです。

結果的に、ストレスを吐き出してる方も聞いている方も気持ちよくないただの無駄です。

友達に会って口を開けばストレスを吐き出してしまうのが癖になっている人も多く見ます。

しかし、誰もマイナスな話ばかりする人とは付き合いたくないもんでしょう。

何も得ないですし、自分もイヤな気持ちになるだけですもんね。

そう分かりつつも中々やめられないもんです。

だからストレスを吐き出す方法を変えましょう!

手紙を書く

吐き出さずに溜まってどうしようもないストレスは何も考えずにただ書きなぐりましょう!

頭に思い浮かんでくる気持ちをそのまま書きなぐるんです!

誰かに対する悪口であればその人に向けての手紙として書いてみましょう。

文ではなく直接言っている様に書くんです。

もうこれでもか!というぐらい言いたい事はすべて書きましょう!

正直この時点で結構スッキリできます。

最初のうちは物足りないと思うかもしれませんが、効果は絶大です。

次の日の朝にはもうさっぱり忘れて、どうでもいいことに怒ってたなと思うぐらいになれます。

実はこの方法、かつてアメリカの大統領だったあのリンカーンが実際に行って怒りをコントロールした方法として知られているぐらい効果的なんです。

今は誰かに話さないとどうかあると思うかもしれませんが、思い出しましょう!

誰1人としてあなたのストレスの愚痴を聞きたいとは思っていません!

誰にも吐き出さずにスッキリできればいいことだらけです。
 

モーニングノート

実はこの書くという事は、怒り以外にも頭の中をスッキリして考えクリアにするのにとても効果的なんです。

「やりたいことをやりなさい。」で書かれているモーニングノートと呼ばれる「毎朝書くノート」はまさにそのためなんです。

朝一に起きて書くモーニングノートによって、その日1日をスッキリとした状態で始めることができます。

前日もやもやしていた事や、その日にしなくてはならないこと、したいことを何でも思った事を書いていくだけなんですが、

はじめの内は何も感じませんが毎日していくと、徐々にその日に達成したい目標などが明確になり本当にいい1日が始められます。

 

まとめ

書くというのは頭の中のごちゃごちゃした状態を整理するためにベストな作業です。

それこそ怒りというのは、考えをまとめるのを邪魔するだけなので常に吐き出しましょう。

人に吐き出すのも溜め込むのもダメです!

書きなぐりましょう!

書いたのは捨ててしまえばいいですし、失うものはありません。
書く事でスッキリして毎日いい1日をスタートしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA