Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tkhero-0123/www/kwbt/wp-content/themes/luxech/functions.php on line 73
留学後の就職が心配!実際のところ就活でどうなの?英語力だけで足りない? | KaBa.TaKa.

留学後の就職が心配!実際のところ就活でどうなの?英語力だけで足りない?

2018年4月13日

留学を考えてる多くの人がかなり心配するのが、留学後の就職についてですね。

これが結構悪いあることないことネットやらなんやらで耳にして、

結局、留学を諦める人も多いみたいですね。

なんとももったいない!

せっかくの人生の大きいチャンスなのに、どうなるか確信もない就活に悩まされて断念するなんて。

先にはっきり言いましょう!留学後の就職がない!なんてことはありません!

むしろ状況によっては有利なことも多いです。

 

 

経験上の話

ぼくは大学生の時に休学して1年アメリカへ留学し、

その後、大学を卒業と同時にオーストラリアへ3年間留学していました。

正確にはアメリカの1年間は語学留学として語学学校に行き、

オーストラリアでは1年目はワーホリで働いたり、旅したりで、

2年目は学生で、翻訳の学校へ行きながら、働いたりで、

3年目は働いていました。

っと簡単ですが、僕の留学経験を紹介しました。

で、留学後の就職についてですが、

すでに25歳でしたが、帰国後3ヶ月で英語力を認められて輸出関係の職務に就きました。

しかし、会社と肌が会わずに辞めて28歳でしたが1ヶ月で再就職を果たして今に至ります。

就活で何の苦労もしませんでした。

むしろ留学で培った英語力に助けられまくってます。

 

英語力

英語力だけじゃ就活ではダメだなんて言いますが、

まだまだ日本人で英語を流暢に話せる人は多くはありませんからね。

英語でコミュニケーションが取れる、文書が作れるというのはかなり重宝されますよ。

そして1年留学すれば、就活で大きいポイントとなるTOEICは軽く700超えますからね。

日本でのTOEICって就活ではかなりのアピールポイントみたいですもんね。

 

 

注意したい点

ただ留学後の就職をうまくいかせるためには、注意しなければならない点があります。

とは言っても単純に最低でも英語力をものにすることです。

間違ってもただ海外に住んでいた。

だけでは留学後苦しむだけです。

留学している以上、日本語を使用することを禁止することを心がけましょう。

日本人とはなるべく一緒にいない、日本の家族、友人とも連絡は頻繁に取らないなど、

徹底して英語漬けの生活にすることが大事です。

実際、海外で長く住んでいる人でも1年も住んでいない頃のぼくより英語が下手な人もいましたからね、

住んで満足ではなく、最低でも英語力は身につけることが大事ですね。

 

 

まとめ

留学して英語力をとりあえず身につけていれば、留学後の就職に困ることはないでしょう。

就活で留学の目的をしっかりと述べた上で、培った英語力を示せれば心配ありません。

他の一般学生なんかよりは確実に、有利になります。

先の分からないことを心配して行動を辞めてしまうのだけはもったいないですよ。

留学を考えている人はとりあえず今、行動出来ることで少しずつ前に進むべきです。

留学についての無料相談はこちら

フィリピン語学学校についてはこちらから

ハワイ留学についてはこちらから