留学、ワーホリでの英語力はどのくらい必要なの?事前に出来るベストな対策!

留学をしようかなと思っていても自分の英語力はゼロに等しいから

無理だと思っている人も多いようですが、

実際のところどのくらいの英語力が必要なのかというと、

それは留学、ワーホリの目的で変わってきます。

留学であればおそらくもっぱら学校に通っての勉強がメインとなりますし、

ワーホリだと現地で働くことや、旅をしてみる、何かの技術を身に付けるなどあります。

それぞれで事前に出来ることを知って、ベストな状態で飛び立ちましょう!

 

事前の英語力は必要ない!

留学で、語学学校に通い英語を身に付けることが目的であれば、

事前に英語力は特には必要ありません。

英語を勉強しに行く訳なので、事前の勉強よりも現地での努力が実を結びます。

最初は中学、高校レベルで色々となんとか切り抜けれます。

人間、不思議なものでその環境に投げ出されると、耳が必死に聞き取ろうとしてくれます。

これは僕自身の経験上ですが、現地に3ヶ月も居れば耳が慣れだしてきます。

そして半年ぐらいには、聞き取った英語が発声出来るようになってきます。

もちろん、個人差はありますが徐々に英語のスピードになれる感じですね。

 

 

事前の英語力が必要!

これがワーホリの場合になると全く別になります。

ワーホリの期間は基本的に1年しかありません。

その中で国によりますが4ヶ月〜6ヶ月は語学学校にいけるのですが、

正直、この短いワーホリの1年の半分近くを学校に通うなんてもったいないです。

ワーホリでは語学学校に行くよりももっともっと楽しくて刺激的な経験が出来る1年です。

なので、語学学校に行かないでも生きていけて、現地の仕事に順応できるぐらいの英語力は

必要になります。

 

 

ワーホリ前の英語力の対策

英語力が必要なのはわかったけど、そんなの日本にいてどうすればいいんだ?

と思うかもしれません。

そこでぼくが確実にオススメするのがワーホリの直前の3ヶ月をフィリピンの語学学校に行くことです。

日本の英会話などに通うよりか値段、レベルアップなどすべての面で確実にオススメです。

ぼくの周りでもワーホリに行った人でこれをしている人としていない人では、

現地でのワーホリでの状況が全然違いました。

事前にフィリピンの語学学校で英語力を身につけてそのままオーストラリアへワーホリをしていた人は

現地の人達と一緒になって働ける環境で、現地のスタイルで楽しく働いていました。

しかし、英語力を身につけずにワーホリに行った人は、

最初の半年近くを語学学校で過ごして、残り半年しかないという理由で雇ってもらうことが難しく、

結果的に日本人が働くジャパニーズレストランで日本人と働くことになる。

海外にワーホリに来てるのがもったいない状態でした。

ワーホリの事前に十分な英語力を身に付けるためにフィリピンの語学学校へ行くことを強くオススメします。

 

 

まとめ

留学に行く場合であれば、出発前の何ヶ月間で洋画を多く見たり、

洋楽の歌詞を見ながら聞いたりと簡単に出来ることをしていればいいぐらいですが、

ワーホリに行くのであれば、間違いなくフィリピンなどの物価が安い国の語学学校に行くことをオススメします。

事前に勉強しているのとそうでないのでは現地でワーホリをスタートした時に、

家探し、仕事探しなど多くの面で有利となります。

実際、現在ワーホリに行く人の多くはフィリピンの語学学校に3ヶ月ほど行っているそうです。

フィリピンは危ないなどとよく聞くかもしれませんが、

それは夜遅くに町を一人で歩いていればそれは危ないでしょうが、そんなのどこの国でも一緒ですよね。

せっかく決意してワーホリするなら充実して満足のいく1年にしたいですよね。

後悔のないように事前に出来ることを調べて、万全の準備をすることをオススメします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA