ワーホリを経験して語学学校を安く有効にして、充実させる方法がわかった!

ぼくの周りでも最近ワーホリに行く人がかなり多くなってきました。

ワーホリを経験した人の中には

とても充実させて満足している人もいれば、

なかなか思っていたような経験が出来ずに不完全燃焼で帰って来てる人もいます。

どうも話を聞くと、語学学校での失敗が多いように思いました。

ぼくの経験から、語学学校を安く、そしてワーホリをより有効に充実させれる方法を見つけたので紹介して、

これからワーホリに行こうと思っている人の参考になればと思います。

ちなみに、ぼくが経験したワーホリはオーストラリアになります。

 

語学学校は高い

ワーホリ先の語学学校は基本的にかなり高いです。

そりゃ世界中から毎年、毎月多くの生徒が来るから高くても成り立つわけです。

それにしてもかなり高いです。

オーストラリアでは4ヶ月で平均的に50万円かかります。

あまり安すぎる語学学校は授業、先生の質がかなり悪いので気をつけましょう。

 

ワーホリの期間

基本的にワーホリの期間は1年間しかありません。

そのわずかな1年間を有効に過ごして、充実させたいですよね。

この1年間の4ヶ月間も語学学校に行ってしまうと、本当に勿体ないです。

ワーホリの醍醐味は旅をしたり、現地の環境で働いてみたりと、

多くの初めてで刺激的なことをすることだとぼくは思っています。

そのために1年間という短い時間しかないのに、

その半年近くを学校に費やすなんて勿体ない!

このワーホリの1年を無駄にしないような語学学校を選ぶ方法を教えます。

 

 

語学学校の選び方

現地の語学学校は料金が高く、1年しかないワーホリの期間を語学学校の期間に取られる

これらを避けるための方法があるんです

それが、フィリピンの語学学校にワーホリの直前に行くということです。

まず料金ですが、フィリピンの語学学校はオーストラリアの半分ほどで、とても安いです。

オススメの期間としては3ヶ月ですが、

この3ヶ月で十分基礎レベルは身につけることが出来るので、

その後のワーホリでかなりいいスタートをきることができます。

 

フィリピンの語学学校

ただフィリピンの語学学校は安いが、

治安が悪いなどの話を聞いたりするから心配だ。

と言う人もいると思います。

学校によっては学校内に宿泊の施設からすべて管理されているところもあり、

夜に街に出歩いたりしない限りは問題ないと思います。

また、英語の発音、イントネーションなんかがフィリピン訛りになったりするのではないか?

と考える人もいるようですが、フィリピンの英語はインドなどのようには強い訛りはなく、

とても綺麗な分かりやすい英語です

だいたい、最初の3ヶ月では英語のベースを身に付けるのに必死なので、イントネーションが影響するというレベルには至らないので全くの心配はありませんね。

 

 

まとめ

この方法はワーホリの期間とフィリピン語学学校の期間とで全体としては1年と3ヶ月になってしまうので、

期間に縛りがある人には適用できないのが残念です。

期間に余裕のある方は、確実にこの方法でまず英語力の向上と、時間、お金の節約をして、

ワーホリをより有効に充実させてもらいたいなと思います。

フィリピンには多くの語学学校がありますが、

それぞれのサイトで自分に合う学校を調べて決めることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA