【違約金】プレミアムウォーターを解約にかかる費用は機種で違うので注意!

プレミアムウォーターを使ってきたのですが、

かなりおしゃれでいい感じでしたが、機能性がぼくの好みではなかったので

いよいよ解約することとしました。

ウォーターサーバーでは当たり前のようにある違約金制度ですが、

プレミアムウォーターでは使っていたサーバーによってその費用が違うので注意して契約しなければなりません。

 

 

違約金の違い

プレミアムウォーターでは標準的は機種は違約金が最低でも税込10,800円です。

標準的な機種がこちらの2つです。

・スリムサーバーIII

・amadanaスタンダードサーバー

これ以外の上位機種はすべて20,000円となるみたいです。

ちなみに、プレミアムウォーターでは機種の他にも契約形態があり、

最低契約期間は2年間で、2年間使わないで解約すると10,800円の違約金が費用となるということです。

詳しい契約内容は公式サイトを参考にしてみてください。

プレミアムウォーター


 

解約の際の注意

解約を決めたら次の水の配達が予定されている1週間前にはプレミアムウォーターに連絡しなければなりません。

これを忘れてしまうと大変なことになります。

プレミアムウォーターは水の配達のスケジュールに合わせてウォーターボトルの数を準備します。

配達準備が完了してから解約の連絡をしてしまうと、準備された水の費用はこちらが負担することとなります。

これは注意書きに書いてあるので確実に費用負担になります。

確実に注意して、計画的に解約しましょう。

 

 

メールをしっかり確認する。

解約時に余計な費用を負担しないためにはプレミアムウォーターから送られてくるメールを確認することです。

プレミアムウォーターは水の配達スケジュールに合わせて、事前に変更等がないかの確認メールを送ってくれます。

それにはいついつまでに変更の連絡をしてくれと書いてあるので、

その日までには確実に解約の電話をしましょう。

メールさえしっかり確認しておけば、自分でスケジュールを確認しなくても大丈夫です。

 

 

解約確定

解約が決まると、ウォーターサーバーの引き取りの手続きが始まります。

違約金の10,800円には返却にかかる引き取りの配送料などすべて含まれています。

よく返却にかかる配達は別です!みたいなところもありますが、

プレミアムウォーターはすべて込み込みで10,800円の費用なので安心です。

引き取りの希望日にち時間を伝えると、それに合わせて配達員がウォーターサーバーの回収にきてくれます。

この時梱包などしておく必要はなく、裸のままそのまま渡して大丈夫です。

ただ、ウォーターサーバー内の水はすべて使用して空にしておきます。

また引き取りの1日前には電源プラグを抜いておく必要もあるそうです。

 

 

まとめ

プレミアムウォーターはおしゃれで天然水が美味しいとてもいいウォーターサーバーだったんですが、

どうも使い勝手が悪かったので解約することにしました。

やはり毎日使うものですから自分が使いやすい好きなウォーターサーバーを使うのが一番ですね。

どこのウォーターサーバーもですが、契約する前には違約金には注意しておきたいですね。

プレミアムウォーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA