【プレミアムウォーター】ウォーターボトルの交換!使い捨てだから処分が楽!

プレミアムウォーターの美味しい天然水をぐいぐい飲んであっという間に

1ボトル12Lをがなくなってしまいました。

ウォーターボトルの交換をした時に使い捨てタイプってこんなに簡単なんだ!

取り外し、取り付け、そしてボトルの処分まですべてが楽でした。

リサイクルボトルよりもオススメできるなと思ました。

 

ウォーターボトルの交換

空っぽになったウォーターボトルです。

もっとボコボコと凹むのかと思っていたのですが、思っていたよりも凹まなかったですね。

上に引っ張ると簡単にとれました。

ここで少し残念というか、まぁしょうがないのがウォーターボトル差し込み口に若干の水が溜まっていたことです。

これは正直どこのウォーターサーバーでもこうなると思います。

なので新しいウォーターボトルを取り付ける前にしっかりと拭き取るようにしないとですね。

ゴミがここに入り込む前にさっさと新しいウォーターボトルに交換です。

 

 

プレミアムウォーターの美味しい天然水!

くまもんが目印の阿蘇の天然水です。

ダンボールを開けるとウォーターボトルの交換方法がわかりやすく書いてあります。

これを見るとぼくのボトルの外し方が間違っていたとわかりますね

以後気をつけたいと思います。

新しいボトルです。

ボトルの口にはしっかりとシールでゴミが入らないようになっていますね。

また、プレミアムウォーターではこのシールを集めるとプレゼントがもらえるキャンペーンも行なっているみたいですね。

ウォーターボトルの底面には持ちやすいように取っ手が付いています。

外れないか心配でしたが、もちろん大丈夫でした。

シールを剥がしていざ交換です。

12Lは重たいので特に女性は気をつけないとです。

交換は本当に簡単です。

あっという間に終わってしまいましたね。

ただこのままでは格好が悪いので、ちゃんとケースをかぶしてあげます。

いい感じですね。

これでまた美味しい天然水がグビグビ飲めます。

 

ウォーターボトルの処分

さてさて、では使い終わった空のウォーターボトルの処分です。

使い終わったウォーターボトルをよく見るとすこーしですが、水が残ってるんですね。

ほんとに少しですね。気になる人は処分する前にコップにでも注いで飲みましょう。

処分する前にボトル部分とキャップ部分を分別しなければなりません。

なのでまずキャップを取り外します。

これはかなり簡単で気持ちよく取り外しができます。

これを取り外してしまえばあとは、

ウォーターボトルをぼこぼこと潰すだけです。

これが少しの力で簡単に潰れてくれるのでとてもかんたんです。

さすがに「いろはす」ほどは柔らかくはないですが、小さい力でかなり小さくなります。

あとはゴミ袋にいれて終わりです。

 

まとめ

ウォーターサーバーのボトル交換はどれもしっかりと考えられていて簡単ですが、

リサイクルボトルの場合次の回収までに保管しておくのに場所を取りますよね。

処分できる使い捨てウォーターボトルはかなり小さくなるので、

処分にも困らなくていいですね。

リサイクルボトルはしっかりとした作りなので水の重量プラスボトルの重量が加わるので、

使い捨てタイプより少し重くなります。

若干の差しかないでしょうが、違いを感じました。

ウォーターボトルの使い捨てタイプの方が多くの面でオススメできます。

プレミアムウォーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA