アップルペンシル第1世代のケースで持ち運びから使用感すべてベスト!磁石が便利でオススメ!

おすすめグッズ|RECOMMEND GOODS

僕が愛用しているiPad miniに使えるのがアップルペンシル第一世代

これ使いやすくするためにはやはりケースが必須です。

これまで数あるアップルペンシル専用ケースを使用してきましたが、

ようやくこれがまさにベストというケースを見つけました!

持ち運ぶことが多いiPad miniですので、常に一緒に持っていても邪魔にならず、尚且つスタイリッシュなケースを紹介します。

スポンサーリンク

MOFTのアップルペンシルケース

ズバリ最近かなり認知度上がってきているMOFTの製品です。

必要最低限の使用でミニマリストにも最適なデザインとなっています。

一見まぁそんなにいい感じには見えないかも知れませんが、

これの使い方を知っていくと間違いなくベストである訳がわかってもらえると思います!

磁石で持ち運びも邪魔にならない

まずは大事な持ち運び時にどうするかです

このアップルペンシルケースの一見邪魔そうな平べったい部分ですが、

実はこの部分に磁石がはいっておりこのMOFTアップルペンシルケースの最大の特徴となっています。

iPad miniと一緒に持ち運ぶ時には背面にピタッとくっつきます。

そしてこれ、持ち運び意外のシチュエーションでもかなりいいんです!

使用する時にしまう手間がない

意外とアップルペンシル使う時ってケースないと置き場だったりに困るし、

持ち運び用のケースあっても、一時的に使わない時その都度ケースに戻すのも面倒ですよね。

しかし、このMOFTのアップルペンシルケースはペン先が出せるようになっているので、

必要な時には、スライドしてケースをつけたまま使用できちゃうんです。

だから、ささっとメモなどを書いていて、一時的にいらなくなった時にさっと背面にピタッと出来ちゃうこのスマートさは最高です。

もちろん、反対側にスライドすればケースをつけたまま充電もできちゃいます

ペンが持ちやすくなる

アップルペンシルのデザイン性は無駄がなく素晴らしいのですが、

実際に使用しているとやはり硬くて指が痛くなることもしばしばですよね。

MOFTのアップルペンシルケースならペン先を出して使用する際に

丁度持ち手のところにケースが来るのでグリップのような役割になってくれます。

実際のペン程とはありませんが、指へのダメージを若干緩和してくれます。

ただ、このケースは慣れが必要となります。

最初はケースの磁石のプレート部分が邪魔になるなっと思っていたのですが、

写真のように親指と人差し指で挟む感じにすると違和感なく使えます

これが意外にも使っていく内に、むしろある方が持ちやすく書きやすくなるんです。

こんな便利な使い方も!

ぼくはiPad miniで記事を書いたりすることもあるので、

ロジクールのkeys-to-goというモバイルキーボードもアップルペンシルとセットで一緒に持ち歩いているのですが、

このキーボード薄くてすごいいいんですけど、

欲を言うとやっぱキーボードは傾斜があった方が使い勝手がいいんですよね。

そこでこのMOFTのアップルペンシルケースをキーボードの下に潜り込ませます。

すると、丁度いい傾斜が出来てタイピングもかなりしやすくなります。

まぁ別にMOFTのケースでなくてもこれは実現可能ですが、

このいかなるシチュエーションでもスマートに活躍できるのがいいんですよね!

まとめ

必要な時にはペタッとひっついて、

さっと取り出せて、

スマートに使えるアップルペンシルケース!

無駄がなくこんなに使いやすいケースは他にはないんじゃないかと思うぐらい

ベストでオススメなケースです

ただ、このアップルペンシルケースを最大に生かすには同社のMOFT Xの装着がマストとなりますので注意してください。

他で記事にしていますが、MOFT XはこれまたベストなiPadスタンドアクセサリーとなっていますので、ぜひオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました