earfunの最新ワイヤレスイヤホンearfun airをearfun freeからの進化した点をレビュー

コストパフォーマンスがとんでも知る人ぞ知るearfunのワイヤレスイヤホンから、

最新のearfun airが発売されました。

これまではearfun freeをマイナーアップデートした商品を販売していましたが、

今回はデザインも大きく変え、機能性を追加したので違いを比較して、

earfun airの良さをレビューしていきます。

 

earfun freeとは?

まずはこれまでの製品earfun freeがどんなものかかなり簡単に紹介します。

約4,000〜5,000円という価格なのに、

防水で、ワイヤレス充電があり、

ボリュームコントロールまでの操作が可能で、

音が1万円クラスと変わらない!

といったこんなコスパ最高のワイヤレスイヤホンあったんだ!とびっくりするイヤホンです。

Earfunというブランドは音楽を愛するスペシャリストによって作られた会社で

音質はもちろん、デザイン面においても多くの賞を取得していて評価の高い会社です。

 

earfun airに追加された機能

ではearfun freeからどんな面で進化したのかまずはざっと紹介します。

・ケースの大きさ

・マイク

・タッチコントロール

・自動装着検出による再生のオンオフ

これらの機能とデザインがearfun freeから約1,000円で進化してしまったんです。

どの程度の進化なのか簡単にレビューしていきます。

ケースの大きさ

earfun freeのケースはカプセル型で結構大きかったのですが、

earfun airでは丸みのある正方形型になりました。

厚みはそこそこありますが、earfun freeよりは持ち運びやすくなりました。

また、質感もマットな仕上げでチープ感がなくなり手触りも格段に良くなっています。

 

マイク

マイクの数が増えて通話時の音声の質がかなり改善されました。

earfun freeでは各イヤホンに1つずつでしたが、

earfun airには各イヤホンに2つずつの計4つマイクが搭載されていて、

周囲のノイズの軽減もかなり向上されていて通話での違いは明確です。

 

タッチコントロール

ボタン式であったイヤホンのコントロールがタッチ式になりました。

このタッチコントロールがかなり考えられていてめっちゃくちゃ使いやすいです。

まず、シングルタッチでのコントロールがないという点!

これ一見不便そうに思うんですが、これがかなり便利。

シングルタッチで再生、停止のワイヤレスイヤホンってたくさんあるんですが、

意図せずに普通にイヤホンに触れてしまうこと結構あるんですよね。

earfun airはダブルタップでの再生・停止なので、うっかり触れての間違いコントロールがないんです。

次に音量調整ですが、タッチし続けて離すまで調整が可能だからめっちゃ楽なんです!

タッチし続けても1段回の音量調整しかできないワイヤレスイヤホンって結構あるのでこれもすごい良く考えられてます。

そして、タッチコントロールで重要となる反応感度ですが、

これもかなり優秀で、しっかりと感知してくれてコントロールしてくれます。

 

自動装着検知による再生のオンオフ

自動装着検知機能とは耳からイヤホン外したら、再生が自動で停止し、再度耳にはめると再生が再回するというハイエンドレベルの機能です。

約6,000円のワイヤレスイヤホンなのにこの機能ついてるの!?

ほんとびっくりだらけのコスパ最強なearfun airです。

これなしでもすでにこの値段帯では奇跡なぐらいの機能性と質感なんですがね。

気になる精度ですが、ほとんど間違いなく機能します。

外したら止まって、着けたら再回。これすごくいいですね。

ただこの検知の方法がイヤホンの耳側が覆われるかどうかという検知方法のようです。

なので再生していて耳から外して停止したイヤホンを手で覆うと再生が再回されます。

これで特に問題はないので、実用性としては十分満足です。

 

まとめ

earfun airに追加された機能をレビューしましたが、いかがだったでしょうか?

その他音質などはearfun freeから変わりはないですが、この進化は大きいですね。

個人的にはデザインはドットタイプの方が好みでしたが、

マイクの関係上このデザインがよかったのかなと思っています。

今回のレビューで伝わったかと思いますが、

コスパ最強で信頼性のあるワイヤレスイヤホンを探しているならearfun airを強くおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました