earfun airをレビュー!anker liberty air2と比較!コスパ最強ワイヤレスイヤホンはどっち?

コスパ最強のワイヤレスイヤホンでかなり人気のあるAnker liberty air 2ですが、

今回はこれ以上のコスパだと思えるearfun airをレビューします。

値段はanker liberty air 2よりも安いですが、かなりのコスパです

anker liberty air 2とありとあらゆる面で比較していきます。

この二つはコスパを重視する人にとっては迷う最終的な二つになるかと思うぐらい

どちらもいい製品なので、今回は徹底的に比較していきます。

簡易集計表

パッとどっちがどういいのか簡単に分かる表にしました。

※優れている方が「1」としています。どちらも同じ程度であればどちらも「1」です。

anker liberty air 2earfun air
値段01
ケース10
イヤホン11
装着感01
操作性01
機能性01
接続11
充電11
通話11
総合58

値段の比較

anker liberty air 2は8,000円前後に対して、

earfun airは6,000円前後が標準的な値段となっているようです。

値段としては2,000円の差ですが、

earfun airはanker liberty air 2より安いですが優れている部分が多く、

earfun airをオススメできますね

ケースの比較

外観から徐々に比較していきましょう

と言うことでさっそくまずはケースの比較です。

写真を見てもらってもわかるように、anker liberty air 2の方が全体的に小さいですね。

特にearfun airは若干卵形のように膨らみがある分、厚みがあります。

質感はearfun airは高級感はないが安っぽすぎるという感じでもなく普通ですね。

anker liberty air2はマットで手触りもよく高級感があります。

ケースはanker liberty air 2をオススメします

イヤホンの比較

大きさはほとんど同じですね。

anker liberty air 2の方がスリムなデザインですが、

earfun airの方が耳から出る部分が若干短いですね。

重さ比較するとanker liberty air 2が約5.2g、earfun airが約5.5gで実感出来ないほどですね。

装着感の比較

まずフィット感ですが、これは人により好みは別れると思いますが、フィット感、圧迫感、長時間使用時の痛みに分けて比較していきます。

フィット感

anker liberty air 2はカナルが耳の穴に入ってそこを中心にフィットする感じですが、

earfun airはイヤホン全体でフィットしている感じです。

激しい運動などしても外れにくいのはearfun airだと思いますね。

圧迫感

カナル型イヤホン特有の圧迫感ですが、これはearfun airの方が少なく感じます。

恐らくフィットする時に耳全体で支えるようになっているのが関係しているのかもしれませんね。

しかし、もちろんオープン型のような開放感があるわけではないですね。

長時間使用時の痛み

イヤホンは長時間しているとどうしても耳に痛みが出てきますよね。

もちろんこれは慣れが必要になるので毎日使用していればどちらも似たり寄ったりかなと思います。

anker liberty air 2とearfun airのそれぞれ痛みが出てくる部分が違いますが、

個人的にはearfun airの方が痛みが少なくより長時間使用出来る感覚でした

操作性の比較

どちらも必要であろう以下の操作はすべて出来ます。

  • 再生・停止
  • 次の曲・前の曲
  • 音量調整
  • 着信の受け答え・通話の終了
  • 音声アシスタント

anker liberty air 2は専用アプリである程度のカスタマイズが可能なのでこれはいいですね。

earfun airは決まったコマンドがあるのですが、それで不便なことはないですね。

実際に操作をしてわかったのですが、earfun airの操作の方が反応がいいです。

その上、音量調整時の操作がearfun airの方が使いやすい!

長押しをすると音量調整なのですが、

earfun airでは押し続けていたら音量を徐々に上げ下げしてくれますが、

anker liberty air 2は長押しし続けても1回の変化しかありません。

仮にanker liberty air 2で音量を3段回変化させたかったら、イヤホンを長押しして離してを3回くりかえさなければなりません。

この違いは実際に使用していると、使いやすさが全然違います。

操作性は確実にearfun airがオススメです。

機能性の比較

ワイヤレス充電、自動オンオフ、防水など細かい部分の比較をしていきます。

ワイヤレス充電

どちらも対応しています。

これは実際に使用しているとわかるのですが、ワイヤレス充電があると最高です。

この値段帯では本当にありがたいですね。

イヤホンを外した時の自動オンオフ

これあると便利で普通1万円越えのワイヤレスイヤホンにしかついていないんですが、

earfun airにはついてるんです!

anker liberty air 2 は前は設定で使えたんですが、

ファームウェアアップしてこの機能がなくなりました。

恐らく不安定だったため使えなくしたんだと思いますが、残念ですよね。

earfun airの自動オンオフはちゃんと動作してくれてすごい便利です。

防水能力

Anker liberty air 2はIPX5

earfun airはIPX7と独自の汗による腐食防止

どちらも普段の生活レベルではあまり違いを感じることは出来ないとおもいますが、

また、独自の腐食防止がどの程度のものかは分かりませんが、長期的に使用するにあたりいいものに変わりはないと思います。

earfun airの方が防水性能は高いということになりますね。

接続の比較

接続の速さ、安定性をここでは比較しいきます。

接続の速さ

接続の速さはearfun airの方が早いです。

anker liberty air 2も十分早いので使っていて不便といことはないのですが、

earfun airはかなり早くてびっくりします。

安定性

接続の安定性は日々使用していてどちらも途切れることなく、使用できます。

これに関しては比較しても違いはないですね。

充電

どちらも7時間の連続使用が可能で、ケースで28時間分の充電が可能です。

更に10分間ケースに入れていれば2時間分の急速充電に対応しています。

実際に使用していても体感では同じぐらいです。

ケースに充電量を示すシンジケータがありますが、

anker liberty air 2は3つのインジケータ、

earfun airはインジケータの発色の違い、

で残量を知らせてくれます。

これはどちらでも慣れれば同じかと思いますが、

anker liberty air 2の方が分かりやすいかもしれないですね。

通話の比較

通話で使う際にどのくらいクリアーであるかですね。

どちらも通話中に周囲の騒音等を遮断してくれるノイズリダクション機能がついています。

また、マイクをイヤホンそれぞれに2つずつ搭載しているので、相手はしっかりと声を聞き取れます。

この比較では正直どちらもとても良く出来ていてほとんど変わらないです。

音質の比較

大事となる音質です!

まずコーデックの違いですが、

anker liberty air 2はaptXをサポートしているので、

andoroidを使用している人はanker liberty air 2の方が間違いなく高音質になるかと思います。

iPhoneを使用している人はどちらもACC対応なのでこれは関係ありません。

ぼくはandroidであるpixel 3を使用していますが、

実際に聴き比べると確かにanker liberty air 2が音がクリアーで重量感があります。

ただ、earfun airもバランスがとても良く適度な低音もあり、普通に十分いいです。

iPhoneで聴き比べると、正直そこまで変わらないぐらい少しの差です。

earfun airは安さには到底考えられない音質で、おお!っとなる良さで、

anker liberty air 2は更にクリアー感と重量感が増して良くなる感じですね。

まとめ

徹底的に比較していかがだったでしょうか?

ぼく個人的には実際に使用していてearfun airの方が正直好きでした。

特に決め手となったのは装着感と機能面ですね。

つけていて疲れにくく長時間つけていても痛みが少ないのは素晴らしいデザインです。

ぼくのように通話、youtubeをメインでワイヤレスイヤホンを持ちたい人にはearfun airがオススメです。

かと行って音楽聞いても全然安っぽい軽さはないので十分です。

ここまでの製品が約6,000円程で買えるのはコスパ最強すぎです。

ただ、ケースの小ささと音質を何よりも優先する人は2,000円多く出してanker liberty air 2をオススメしますね。

anker liberty air 2の全体的な質感は高級感があるのも魅力ではありますね。

ということで、コスパ最強ワイヤレスイヤホンを探している人の参考になれば幸いです。

ConoHa WING(コノハウィング)

コメント

タイトルとURLをコピーしました