surface goでJSキーボードとUSキーボードのどちらも試した結果!使いやすさが全然違う!

surface goを購入した時に、かなり悩んだのがJSキーボードかUSキーボードのどちらにするか!

最初からUSキーボードがいいとは思っていたのですが、日本国内の量販店ではJSキーボードのみの取り扱いとなるようで、

そんなに変わらないだろうと思い1度JSキーボードを購入したのですが、

やはり使い勝手が全然違いますね。

USキーボードがどういいのか紹介していきます。

 

JSとUSキーボードの違い

見た目のシンプルさもいいのがUSキーボードなのですが、

それ以上にJSキーボードには日本語入力ならではのキーがあり、

ただでさえ小さいsurface goのキーボードに無駄なキーが増えてしまいます。

キーピッチに関しては一緒らしいのですが、

キーが増えることでいくつかのキーが犠牲になり大きさが小さくなってしまいます。

 

Enterが押しずらい!

ぼくがJSキーボードを特に使いにくいと感じたのがEnterキーの押しにくさでした。

このEnterキーはJSキーボードでは縦長となっており、キーボードの端っこに設置されているのですが、

ぎりぎりのところにいすぎて押しにくいんですね。

しかも、USキーボードに慣れているぼくはブラインドタッチでEnterを押したつもりが、” ] ”このキーを間違って押してしまうことが多くありました

USキーボードではEnterは横長でかなり使いやすいんです。

 

全角・半角の変換は?

USキーボードには日本人には必須の「全角・半角変換キー」がありません。

多くの人はこれであたふたしてしまうようですが、

設定すればMacbookのように「Ctrl+space」で変換することが可能です。

 

まとめ

最初はJSキーボードでもキーピッチは一緒みたいだし、見た目なんていいや!

と思って購入したのですが、やはり実際に使ってみると違いますね。

小さい違いではあるのですが、USキーボードがはるかに使いやすいですね

日本の量販店ではUSキーボードは売っていないので、ネットでの購入しかありません。

ぼくはタイミングよくアメリカに行ったついでにアルカンターラのキーボード購入したのですが、

ネットではアルカンターラのUSキーボードはなくブラックのタイプカバーしかないようです。

タイプカバーは実際、安っぽくもなく質感もいいので実は結構おすすめです。

ただ、ぼくはアルカンターラの青がドストライクだったので、これを購入しちゃいました。

JSキーボードでなんか使いにくいなと感じている人はUSキーボードの違いを知ってみるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA