ボンドの中でも最強クラス!エポキシクイック5が強い【5分速乾】

2018年4月9日

DIYや割れたりして壊れた物をまた使えるようにするためにボンドって結構使いますよね。

そのボンドにも得意不得意があったり、強い弱いがあります。

弱いものは使い物にならないぐらい弱いですよね。

特に、力をかける部分などのボンドでの接着はなかなか困難でボンドは不可能じゃないかと諦めてしまうぐらいです。

しかし!見つけました最強クラスの強いボンド!

その名もエポキシクイック5!

 

エポキシクイック5

この強いボンドは2液混合型で2液を混ぜ合わせることで硬化するボンドです。

2液を混ぜるなんて面倒くさいから瞬間接着剤でいいよー

と僕も思っていましたが、瞬間接着剤ではかたまっても耐性が弱く力がかかるとすぐにまたこわれてしまうことが多いんです。

しかも白くなるのもあまり好きじゃないです。

ただ、2液混合型のボンドは危険物に登録されているので、使う時には必ず換気をして使用しましょう。

 

1》用途

このエポキシクイック5が効力を発揮するのが

金属、木材、プラスチック、陶磁器、アクセサリー、模型の接着に加えて、

家具、置物、電化製品、日用品、スポーツ用品、レジャー用品等の修理

ともうほとんどすべてをカバーしています。

なんでも強くくっつけてしまいます。

ぼくの場合、電動スケートボードのプラスチック製の電源ボックスのネジが通っていた穴のプラスチックの破片を見事に元通りです。

ネジをとったりつけたりしても破壊することはありません。

さらに、電動スケートボードの木製のボード裏にプラスチック製のLEDライトをつけるのにもバッチリです。

 

 

2》速乾性

エポキシクイック5のこの「5」は5分で硬化し始めるということです。

なのでA剤とB剤を混ぜたら少し急いで5分以内に接着しなければなりません。

先にボンドをつけたいところを準備してから2液を混ぜるがいいですね。

この5分で硬化なんですが、5分で結構硬くなります。

長時間待っている必要がないので作業がはかどるのがありがたいところです。

普通のボンドは結構待たないとしっかり硬化してくれないので、結果的に1日かかったりしますよね。

あれは、嫌ですねー。よく待ちきれずに触ってはずれることがありました。

 

 

まとめ

2液を混ぜてから使うというのは面倒くさいように感じますが、意外とそんなことないです。

液体といっても、スライムのような半固形物なので器などは必要ありません。

ぼくは基本的に厚紙などに必要な分だけA剤とB剤を同じ量だして爪楊枝で混ぜ合わせてそのまま爪楊枝で接着部につけます。

使い終わったらティッシュにくるんでゴミ箱です。

意外と簡単で今ではどんなものでもボンドでの接着はこのエポキシクイック5を使用しています。

一度使ったらこの強さに感動します。

特に耐久性が必要な場所などにはオススメです。