Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tkhero-0123/www/kwbt/wp-content/themes/luxech/functions.php on line 73
【プロジェクター設置場所】邪魔にならないのは天井!賃貸でもDIYで安く解決! | KaBa.TaKa.

【プロジェクター設置場所】邪魔にならないのは天井!賃貸でもDIYで安く解決!

2018年3月21日


プロジェクターを買ったのはいいのですが、

やはり設置場所と言うのはかなり考えるものですね。

プロジェクターの使用環境は大きく2つ、

たまに使用する時に出して使用する。

常に電源入れるだけで使える、テレビと同じような感じで使用する。

だと思うんですけど、ぼくはもちろん後者でいつでも準備完了がいいんです。

しかし、プロジェクターが机の上に常にあったらもう邪魔でしょうがありませんよね。

なのでやはり天井に設置するのが一番!

ですが、賃貸だとなかなかそう簡単にいかないので、DIYで簡単に安くで設置しました。

設置条件

まずプロジェクターの設置条件を検討です。

ぼくが購入したBenQのHS2150STはスクリーンに対して正面でなれけばなりません。

プロジェクターによっては左右方向の修正機能があるようですが、そこはHS2150STにないので残念です。

しかし、このHS2150STは短焦点という最大の特徴があります。

これならスクリーンとプロジェクターとの距離が近くても大画面が投写できるんです。

これはもう狭い賃貸には必須と言っても過言ではありません。

これらの設置条件で、天井からスクリーンの正面に設置します。

DIY

賃貸なので天井に穴を開けられない、と言うか天井に穴は賃貸じゃなくても怖いですね。

とにかく簡単DIYでしかも安くで解決しました。

それは、DIYではお決まりの⒉x4材を突っ張る方法ですね。

最近では多くの方法がありますが、ぼくはディアウォールを使用しました。

強度とプロジェクターの安全性を考えてこんな感じにしました。

柱の幅はできるだけ短くしてプロジェクターが乗っても大丈夫な強度となっています。

材料を買ってきて色を白くバターミルクペイントで塗って、組み立てで

1時間ぐらいでできました。

かなり簡単ですね。

支えの三角形はイケアで一個300円と奇跡の安さで最高のデザインです。

ディアウォールの白も木を白く塗ることでそこまで目立たなくなりますね。

トータルコストは約5000円となりました。

プロジェクターの設置

設置といっても置くだけなんですが、

見ての通り逆さまなんです。

こうして見ると少し恥ずかしい感じがしますが、普段は見えないので問題なし!

なぜ逆さまなのかと言うと、天井近くに置くと言うことは天井から吊り下げている状態と同じな訳です。

なのでプロジェクターの投写方向上、こう設置しなければいい位置に投写できないんです。

あとはプロジェクターの設定で天井から投写を選べば、バッチリと映ります。

ただ逆さに置くと、プロジェクターの形状上安定しないので、ゴム足を敷きました。
ホームセンターで4個で100円とかでありますね。

これだけでかなり安定してくれます。

気になる操作ですが、リモコンで完全に対応できます。

ただ、フォーカスが本体操作でしか出来ないのでそれだけは面倒ですね。

まぁ一回合わせれば、動かすことはないんで、ほとんど問題ないんですけどね。

まとめ

プロジェクターの設置場所はなかなか困ると思います。

コンパクトでも場所をとりますからね。

ポータブルのプロジェクターもありますが、映像が落ちますもんね。

普通にホームシアター用のプロジェクターはやはり天井に設置が一番邪魔にならないのでベストです

簡単で安くでというすべての目的を達成できたDIYでした。

今後もプロジェクターライフを満喫していきたいと思います。